Tinderでは写真を送れない?!ピンチをチャンスに変える必見の裏技

Tinderでメッセージをやり取りしているときに、ふと写真を交換したくなったことはないだろうか?メッセージのやり取りを活性化させたい、そんなあなたに必見の情報の情報をお届けする。

Tinderで写真を送る

Tinderのメッセージ機能で写真の送受信はできない

Tinderのメッセージ機能で写真を送りたいシーンは数多くあるが、残念ながら写真の送受信はできない。これは、有料版であっても無料版であっても同じである。ただ、そこで諦める必要はない。写真を送れないピンチをバネにより親密な関係性を築けるチャンスがある。

写真が送れないことを理由に会話の流れでLINEを聞き出せる

Tinderで写真が送れない場合、どのように写真を送受信すれば良いのか。そこで、使えるのがLINE。ただし、唐突にLINEをききだしたら相手に引かれて望まない結果となってしまう。そのため、自然な会話の流れで、Tinderで写真がやり取りできないことを理由にLINE IDをゲットしよう。

LINE IDを聞き出すために使える会話例

ペットの会話をする

Tinderのプロフィール写真にペットの写真を載せてる人は多くいる。そんな人に

あなた「実は私もペットを飼ってるんです。」

相手「みたいです!」

あなた「あれ?Tinderって写真送れないんですね。もしよかったらLINEでやりとりしてもいいですか?」

相手「いいですよー。」

趣味の写真をする

Tinderのプロフィールに趣味の写真を載せている人はたくさんいる。今回は、スキューバダイビングを例にしよう。

あなた「きれいな海ですね。どこを潜ったのですか?」

相手「セブ島にいったときの写真です。」

あなた「うらやましい!私もスキューバダイビングを始めていろんなところ潜りたいと思ってるんです。」

相手「いいですねー」

あなた「他にも写真ないんですか?」

相手「ありますよー」

あなた「みたいですー!みせてください(^o^)」

相手「Tinderって写真送れないみたいです(>_<)」

あなた「えー、そうなんですか。じゃあ、LINEにしませんか?」

相手「いいですよー」

こういった調子である。ネタはなんでも良いのだが、相手のプロフィール写真を切り口に、写真を送受信するシチュエーションにもっていけば、もうあなたが主導権を握ったも同然。LINEにありつけて、実際に会える確率がグンとあがるだろう。

この記事も役立ちます!
診断スタートボタン