【注意喚起】海外発信の出会いアプリは危険?売春の個人取引を確認

海外発信の出会い系アプリ「Tinder」「Happn」などにて、海外から売春行為を行う人が多くなってきている。日本では、許されていない行為なのでここにて注意喚起をしたい。

 

売春行為を特定した調査結果

1.キレイでセクシーな女性をアプリ上で発見

alert_prostitution

2.連絡をとると向こうから料金交渉をしてくる

アプリで通常は記載しているはずのないLINEやWeChatのIDに連絡をとってみる。

alert_message

3.売春行為にあたることを断定

いきなり値段をふっかけられる。連絡をかさねるとホテルの部屋番号を教えてくる。実際に会ってみたが、値段を払えばすべてのサービスを行うことを名言した。(当然、行為はしなかった)

alert_prostitution_2

 

出会いアプリで売春行為を行っている人の2つの特徴

LINEやWeChatのIDをプロフィールに公開している

より多くのお客さんを呼び込むために、LINEやWeChatのIDを自分のプロフィールアカウントに記載している。普通の女性は、マッチしてから交換するはずのIDを、誰もが閲覧できるプロフィールに載せることはない。このようにIDを載せている人を見かけたら99%売春行為を目的としているので、アプリ上で通報しよう。

 

外国人でセクシーな写真を載せている

基本的にこの手法をとるのは外国人であり、男を魅了するためのセクシーな画像を載せている。経験上、Lady boy(女性に性転換をした人)を名乗る人が60%くらいも占めている。

happnでネットワークビジネスをする人はほとんどいない

happn でそもそもマッチすることが少ない。そのせいでサンプル数が少ないことはいなめないが Tinder と比較してもネットワークビジネスをふっかけてくる人はほとんどいない。

happnに売春する外国人はいる

以下の写真のように、プロフィールに自分のLINE ID を載せている人はほぼ間違えなく売春・エスコート目的といえる。誰でも良いからお金になる人を呼び寄せるために自分の ID を公開しているのだ。お金を払った対価としてサービスを受けると違法になるので、ぜひ気をつけてほしい。

happnのサクラ

この記事も役立ちます!
診断スタートボタン