ツバメの巣がニキビ・ニキビ跡に効く!?燕の巣がもつ3つの効果

 ツバメの巣がニキビに効果的と話題になっておりますが、ツバメの巣は実際にどのような効果をもたらすのでしょうか?古くから薬用の漢方として重宝されており、今では高級食材に君臨しているツバメの巣がニキビにもたらすパワーをご紹介します。


ツバメの巣 ニキビ

ニキビ予防:ニキビの大敵である乾燥から肌を助ける

油っぽい肌がニキビの影響になることは皆さんもイメージしやすいと思いますが、実は乾燥肌もニキビの大敵なのです。肌の水分が低下すると、角質が古く硬くなって皮脂が肌の下に溜まりやすくなってしまいます。これが乾燥肌にニキビができてしまう原因です。
ツバメの巣は、美肌の司令塔と呼ばれるシアル酸を豊富に含んでおり、コラーゲンやヒアルロン酸など美肌にとって重要な要素を体内の必要なところへ誘導してくれます。さらに、ツバメの巣の成分であるFGFが真皮に存在するコラーゲン・ヒアルロン酸の活性化を担い、お肌に潤いと弾力、透明感を与えてくれます

ニキビ対策:ニキビの原因菌の排除が期待できる

ニキビは、肌についた原因菌であるアクネ菌やマラセチア菌、または顔ダニといった外的な要因でニキビができてしまうことがあります。毛穴の中にこれらの原因菌が入り込み、脂質を分解して毒性のある過酸化脂質を生み出してしまうため、ニキビとして肌にデキモノができてしまっています。

 

ツバメの巣の中に豊富に含まれているシアル酸という成分は、細胞の働きを正常に保つとともに、免疫機能を整えてウイルスや菌などから体を守ります。そんなシアル酸は、インフルエンザのウイルスにも効くといわれており、ツバメの巣に豊富に含まれるシアル酸によるニキビ菌の排除作用が効くことが期待されています。(*医学的な証明はされておりません。)

 

ニキビ跡の対策:肌周期を整えながら皮膚の再生力を高める

ニキビは放置していれば数日で治まるのにも関わらず、ニキビ跡は肌の上に非常に長く居座り続けられておりませんか?なぜ、これほどまで長い期間がかかってしまうかというと、新しい肌に生まれ変わるサイクルのターンオーバーが影響しております。 正常なターンオーバーの周期は、約4週間程度といわれていて、 これを繰り返すことによって新しい肌に生まれ変わります。ストレスや老化に伴い、この周期が乱れてニキビ肌が全然治らないという状態になってしまうのです。
ここでポイントとなるのがツバメの巣に含まれるEGF。皮膚の表面層の成長・再生・修復を活性化を担い、お肌に艶とハリを与えます。ストレスや老化に伴って、肌の再生周期が遅れてくるのですが、この理由はEGFの分泌量が減少してきているためです。減少したEGFものは、補給してあげることで回復(肌のターンオーバーを促すこと)でき、ツバメの巣はその補給にもってこいのパーフェクトフードなのです。ツバメの巣で、単オーバーの周期と皮膚の再生力を高めて、古く凝り固まったニキビ跡を押し出すようにして新しいキレイな肌をつくってくれます


そんなツバメの巣の商品はいくつかありますが、ツバメの巣エキスの成分がたっぷり含まれているホンモノを取り入れなければ意味がありません。天然のアナツバメを利用している美巣のツバメの巣は、あなたのニキビを解決へきっと導いてくれます。

この記事も役立ちます!
診断スタートボタン