【2016年版】東西の大学アメフト対抗戦!Tokyo Bowl (東京ボウル)とは?

Tokyo Bowl(東京ボウル)というのを耳にしたことはあるだろうか?大学アメリカンフットボールファンならば確実に抑えておきたいTokyo Bowlについて解説する。

東西の大学アメフト交流試合!Tokyo Bowl (東京ボウル)とは?

Tokyo Bowl(東京ボウル)とは?

Tokyo Bowl(東京ボウル)は、関東リーグと関西リーグの2位同士が対決する東西大学対抗戦のことである。関東リーグからは一部リーグのTOP8の2位のチーム、関西リーグからはDivision1の2位のチームがそれぞれ対決する。

2014年から開始されて注目を集めており、CS放送のスカイAで、YouTubeではjnetTVfootballで後日、録画放送される。(2016年11月時点では、ライブ中継の予定はなし)

甲子園ボウルとの違いは?

甲子園ボウルは、上記の東西のリーグの1位のチーム同士が戦う頂上決戦。Tokyo Bowl(東京ボウル)は、2位のチーム同士が戦う親善試合といえる。それぞれのゲームは、かなりレベルの高い試合が繰り広げられるため注目度は高いが、頂上決戦である甲子園ボウルの方が歴史があり、知名度は高い。

Tokyo Bowlの開催時期と場所

  • 例年時期は不定期だが12月の日曜日に行われている。
  • 場所も固定ではないが、関東圏で行われることが多い。

2016年のTokyo Bowlはいつ・どこで?

  • 日時:2016年12月25日14:00 キックオフ
  • 場所:横浜スタジアム
  • チーム:慶應義塾大学 vs 立命館大学

チケットは、当日スタジアムで大人(大学生含む) 1200円、前売り券なら1000円で購入できる。

この記事も役立ちます!
診断スタートボタン